電話占い体験談@真羽先生

こんにちは。
電話占いピュアリの体験談を書いていきます。
友人Kさんの体験談ですが、本人さながらの使仕様になっています。
友人のKさんが職場のボスの態度が不満すぎることに対して、
電話占いピュアリで相談してみたときのことです。

職場のボスについて

電話する女性

30代、2人の子供をもつ主婦です。
結婚して子供を授かり、その子供も大きくなったので仕事に復帰しようと思い、
資格を活かしてパートとして勤務できることになりました。
久しぶりに働くことは、とても楽しく周りの同僚も良い人ばかりで、
よくこんな職場に入ることができたなぁと思っていました。
しかし、ただ一人だけ、ボス的な人が問題な人で、ワンマンだったのです…。

立場上その人がこの課の一番上の役職でもありますが、とにかく高圧的な態度で接してくるのも変だし、
周りの同僚たちも私の目の前で、どんどん怒られている姿を目にすると、日常茶飯事のよう。
こんなにパワハラが横行していていいのか?と疑問に感じています。
実際に、仕事をすぐに辞める方も多いみたいです。

私はパートで時短になっているせいか、まだ直接的に怒鳴られたことはありません。
でも、このボスの怒り方は尋常じゃなく、理不尽な気がします。
しかし、このボスはこの課の実質上の上の方で、
周りも意見することもなく、ただ上手くかわしているいるみたいです。

ただ本当に同僚は一致団結している感があって、
ボス以外には最高の人選で成り立っている組織なのだとは思っています。
このボスは、どうしたらもっと穏やかになるのでしょうか?

暖かいアドバスイをくれる真羽先生

実際のやりとり

先生「常に高圧的な態度というのは問題ですね。理不尽な内容なら尚更周りの方もお気の毒ですね。」

私「仕事に関しての意見であれば、怒られても仕方ないとは思いますが、内容がどんどん変化して私情が絡んでいるとしか思えなくなります。」

先生「そうですか。それではボスさんのことについて教えて下さい。」

私「はい。ボスは○○です。」

先生「言葉が相当キツイみたいね。そのまま矢のように刺す方だわ。」

私「そうです!しかもお得意様とかいる時でもバンバン捲くし立てるので、身内以外にもいい迷惑なんですよ。」

先生「この方は歯止めの効かないストレートな物言いしかできないのね。ダンプカーのようね。」

私「バズーカーとも言ってます…。」

先生「でもね、中身をみてみると意外にも小心者ってでてるのよ。不思議でしょ?」

私「いやぁ、絶対に小心者では…。」

先生「この方の中には怯えるバンビのような感じのような生き物がいて、それを隠すかのように大きな山が立ちはだかっているのよ。」

私「小心者ー?そういえば注射が怖いって情報があります。」

先生「注射が?そういうところも小心者のせいなのかな。でもね、この方の口が悪くなってしまうのは、自分の中の怯えを隠すためなのね。本人はそのことに気付いていないから厄介だけれども。」

私「そうなんですねぇ。そういえばよく風邪ひいていますよ。声がガラガラで。」

先生「自分を防備していて疲れているんでしょうね。このボスと上手くやっていくには、今あなたの周りの同僚の方たちがやっているように同じ感じでいいと思うわよ。」

私「でも、本当に理不尽な怒り方するんですよねー。」

先生「あなたはあなたで、竹を割ったような真っ直ぐな方だから、そういうタイプとは付き合いづらいかも知れないわね。でも、1つの修行にはなるわよ。」

まとめ

まず初めに、電話占いピュアリさんに相談してよかったと思いました。
ボスが絶対的に嫌なタイプだなって思っていましたが、実は小心者なんだと思ったら、
少し笑えるような気がします。かといって傍若無人な態度は嫌ですけれども。
私の性格上、見てられない部分が多かったのですが、上手くやっている同僚を真似て、
少し修行してみたいなと思いました。
また、何かあったときは、電話占いピュアリに相談したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする