電話占い体験談@玄瀧先生

こんばんは!今日も、電話占いピュアリの体験談書いていきます。
友人Fさんの体験談ですが、本人さながらの仕様になっています。

両親の介護をする中で、兄弟に対して思うことがあり、
今回思い切って、電話占いピュアリさんに相談してみました。

両親の介護の中での怒りの感情

電話

私は40代前半の主婦です。

2年前のある日、突然実家の母が大病を患ってしまいました。
不運は重なるもので、同じ時期に父まで認知症の症状が出始めました…。

両親には私と姉以外にも、兄が2人いるのですが、2人とも他府県で働いているため、
両親のお世話は、姉と私が代わる代わる看ましたが、2人とも家庭があって子供もいる身、
どうしても同居することができない環境でした。

そんな中、母は頑張ってくれたおかげで、回復しはじめました。
しかし相変わらずやせ細った身体が心配です。
父の方がかなり深刻に認知症の症状がすすんでしまい、
そういった関連の施設に預けることになりました。

一旦、落ち着いてはきたものの、心配はずっとつきません。
兄たちには仕事や家庭があって、両親のことも支えられない状況なのは分かりますが、
どうしても怒りの部分が湧いてきてしまいます。

同じ子供として生まれたはずなのに、なぜ私たちだけが面倒を看ることに。
本来であれば、男の子供が両親を引き取って看るべきなのに。
なんて、情けない感情が湧いてきたりもします。

こんな見苦しい感情はいつまで持っていたらいいのでしょうか?
そんなときに友人が電話占いピュアリを紹介してくれました。

しっかりと鑑定してくれる玄瀧先生

電話占いピュアリさんのサイトを見ているうちに、ただ見ているだけで終わるはすが、
惹かれるようにして、占ってもらおうという気持ちになりました。
女性の先生方が多い中、玄瀧先生にパッと気がひかれたこともあって、あまり迷わずに選びました。
疲れきって淀んでいた感情を、清めて下さった気がします。

実際のやりとり

行き場のない感情をどうにかしたくて、電話占いピュアリさんのサイトを見ていたら、
いつもは実行しないけれど今回は実行しました。
玄瀧先生は四柱推命からも見てくれるようなので安心です。

先生「大変なご苦労をなさったようですね。ご両親はお元気でらっしゃいますか?」

私「はい。長い闘いでしたが、今はどうにか状況が落ち着き、そしたら兄たちへの怒りが湧いてしまって…。」

先生「その思いは何も間違ってはいませんよ。では生年月日を教えていただけますか?」

私「はい。○○です。」

先生「あなたはサラサラと流れるべきキレイな水のような方。でも排出口がなくなってしまうとその途端に濁流になってしまったようですね。」

私「はぁ。当たっています。濁流のイメージにぴったりの感情でした。」

先生「大丈夫ですよ。あなたは土と戯れることで本来の姿を取り戻せるはずです。自然の中に身を置いてみて下さい。」

私「自然?そういえば外の景色なんて見てなかったわ。ずっと…。」

先生「あなたは機械的な毎日をおくっていると、つぶれそうになる方です。時々は自然と共にあることが大切なのです。」

私「そういえば庭の木の手入れもしてなかったなー…。」

先生「どうぞ、今すぐにでも庭の木に話しかけてみて下さい。きっとたくさんの恩恵が受けられますよ。そしたらまた、あなたも両親に対してご兄弟に対して、別の目線から見ることができるようになります。」

私「…なんだか泣きたくなってきました。」

先生「それでいいのですよ。感情を自分の中に閉じ込めないようにして下さい。いつでも自然はあなたと共にあります。」

まとめ

電話占いピュアリさんに相談して、心が一気に軽くなりました。
大好きな両親が立て続けに病気になった時は、とても心細い気持ちを経験しました。
でも、姉がいてくれたおかげで、どうにか私もバランスが保てたんだと思います。
渦巻く感情は、溜めこまずに吐き出すことが大切なんだなと、切にそう思いました。
また、電話占いピュアリさんに相談したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする